ジジイから学ぶ

世界において、営業の神様といえば、誰もが

ジョージラード

と答えるでしょう。

世界No.1セールスのギネス記録を持っている人です。御年89歳。

一方、私たち日本では誰かって言うと

加賀田晃さん

72歳。

どちらも高齢の方ですね。

平成生まれの30歳以下の方なら知らない方もいるでしょう。

また知ったところで、若者は年寄りから学ぼうとはしない。

最新の聞こえのよいセールスや営業手法、手っ取り早く、お金をかけず努力せずに売れるようになる手法を追い求めることが多いはず。

そう、いつの時代も若者はアンチ爺アンチ年寄りです。

しかしこれだけは覚えておいてほしい。

本質的にじじいは正しい

これはもう絶対です

例えば、投資の神様と言われるウォーレンバフェット。88歳。

バフェットは原則、理解できないものには投資しないスタイル。

ドットコムバブルの2000年前後から、ITやテクノロジー企業には一切投資をしていません。

また、最近だと暗号通貨(クリプトカレンシー)にも超否定的。億り人なんかに興味なし。詐欺あつかいです。

そんな最近のトレンドやテクノロジーを切り捨てまくってきたバフェットですが、毎年20%以上という驚異的なリターンを37年以上連続でたたき出しています。

これはいまだかつて誰にも破られていない前代未聞の記録です

なぜこういうことができるかって?

それは、投資の本質を抑えているから。

Googleで調べるという作業ベースでなく、自らの経験から泥臭く学び成長してきたから。

そう、じじいは経験量がすごいんです。若い人はかなわない。

だから、物事の本質をとらえる力は尋常ではないのです。

営業もそう

営業の神様と言われるジョージラードや加賀田晃さんは、基本的に本質をとらえたまっとうなことしか言わない。

当たり前のことや、今まで何回も聞いたようなキャッチフレーズだらけなので、若い人に魅力的に映らないのだろう。

でも、物事の本質は外していません。

1億%。賭けてもいいです。

これは営業だけに限ったことではないですよ。

自己啓発の世界なんかでも、言われていますが、物事の本質なんて100年前とか本質的には何も変わっていない。

単に世の中に存在する情報量が増え、多様な言いまわしやキーワードが増えただけ。

あらゆる産業の分野で、専門化・細分化が進みごちゃごちゃしているだけ。

繰り返しになりますが、本質なんてなんてものは100年前から不変です。

なので、100年近く生きているジジイから、物事の本質を学んでいきましょう。

そして、後に続く者たちのために途切れることなく継承していくのです。

魔法のような営業術なんて存在すると本気で信じている人は頭がイカれていますね 笑

洗練された本質だけを、経験豊富な方から学んでいきましょう。